HTK48好きの管理人がHTK48を箱推しするサイト

HTK48箱推し

RSS

メディア「指原は秋元の手足となって山口を懐柔していた」

投稿日:

1: 47の素敵な(空) (3段) 2019/05/26(日) 09:51:35.84
■指原莉乃と山口真帆がそろって「秋元さんは関係ない」「口を出せない」

この流れを見ていると、指原はこの問題で、秋元、窪田氏らAKS旧経営陣と密に連絡を取り、
秋元が責任追及されるのを回避するために、山口との間に入って動いていたとしか思えない。

「たしかに、今回、秋元氏が自分への責任追及をかわすために、周辺を使って、山口を懐柔
していたのは間違いない。一説には、新所属事務所の研音も秋元人脈で紹介したのではないか
といわれています。そして、その秋元の手足となって、スピーカー役になっていたのが指原と
窪田氏だったということでしょう。指原は『ワイドナショー』で山口に“唯一間に入って話
せる人がいて、その人づてに秋元さんも励ましの声をかけていた”という話をしていたが、
実はそれは指原自身だったんじゃないかという気もしますね」(週刊誌記者)

 いずれにしても、指原は「秋元氏には責任がない」というストーリーを見事にプロデュース
したとも言えるわけで、その鮮やかな工作ぶりを見ていると、東スポが「将来、AKS運営幹部に」
と報じた気持ちもわからなくもない。

 しかし、現実にはそれはないだろう。AKSはもはやどうやっても挽回することは難しい沈みゆく
船である。利に聡い指原がそんな貧乏くじを引き受けるとはとても思えない。指原にとって大事
なのはそう遠くない未来に消滅する可能性の高いAKSより、業界に強い力をもち続ける秋元康なのだ。

 これまでの言動を見ていても、指原は常に誰が一番の実力者かを見極め、その人物に気に
入られることを最優先に動いてきた。今回も、山口やAKSを助けるためというより、秋元を
助けるために動いたにすぎない。こうした処世術を見ていると、指原はAKSの幹部どころか、
そのうち“芸能界の実力者”と呼ばれる存在になるような気さえしてくるのだ。


VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


続きを読む

Source: HKTまとめもん

-RSS

Copyright© HTK48箱推し , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.